PCMAX

超スタイルのいい若妻と運良くラブホでヤレた話ww

私がいつもお世話になっているPCMAXという出会い系サイトでの体験談です。

このたびは、同じく出会い系にはまっている職場の先輩が、勝手に私の写真を使って遊んでいたことから話は始まります。

菜○緒似の若妻釣りに成功

「お前の写真で出会い系やったらめちゃくちゃ可愛い子から返事きたぞ!!」

人の写真でやめてくれよと思いましたが、釣れた相手の写真を見てみると、菜○緒似の目の大きな美女でした。ぴちぴちの19歳。

「ただ、人妻なんだよね~…どうする?」

先輩は相手が人妻であるところに何か引っかかっているみたいでしたが、とりあえず物は試しで、このまま私がやりとりを引き継いでみることにしました。

リナちゃんは、私の顔がかなり好みのタイプだったみたいで、すぐにあちらの方から「会いたい」と言ってきました。

話を聞くと、リナちゃんは三重の田舎町から大阪へ出てきて、友人に誘われた飲み会で知り合った男とデキ婚。子供が2歳になったいま旦那とはセックスレスで、毎日しないと満足できないというところから、出会い系サイトを利用してセフレ探しをはじめたとのことでした。

私としては会う前に一度は電話で話をしてみたかったのでそうお願いしてみたところ、声の低さがコンプレックスというリナちゃんからの返事はNO…。

まさかサクラか?

そんな疑いが頭をかすめると、私はリナちゃんと会う前にもう少しLINEでのやりとりを続けて様子を見ることにしました。
なんやかんやと詮索しながらも、

「おっぱい見せてよ」

と軽いノリで言ってみたところ、すぐに画像を送ってくれました!!

Dカップだそうです。

「うわあ、すごくきれいなおっぱいだね」
「そうかなあ~」

これを見た瞬間、私はリナちゃんを疑うことを止めました。

以後、私の頭の中はこのおっぱいで埋めつくされ、そして毎日のようにリナちゃんのエロ写メをオーダーするようになります。

「旦那さんが羨ましすぎるよ!」
「旦那はもう興味なくしちゃったみたいだけどね」
「僕なら毎日でもモミモミするのに」
「してよ~」

ムラムラが頂点にきたところで、僕はリナちゃんと会う約束をしました。

ドキドキの初対面

待ち合わせ場所を道頓堀の堺筋側の入り口と決め、その近くに私は車を止めました。

本当に来るんだろうか…?

来ても写メとは似ても似つかない別人だったりして…。

不安な気持ちでしばらく待っていると、LINEが鳴りました。リナちゃんからです。

「いま着いたよ」

緊張が走ります。

慌てて車内から覗いてみると、スマホを見ているそれらしい女性が立っています。

思わず私は車の中で叫びました。

スタイル良すぎるし!

ほんとうにこの人だろうか?
この人であってくれ!
そう祈りつつ、その女性を見ながらリナちゃんの携帯を鳴らしてみると、

出たぁっ!

私は興奮しながら車を出ました。

そばで見てみると、「モデルかい!!」ってくらいにほんとスタイル抜群!

菜○緒似と言われれば、ちょっと違う気がしましたが美女には変わりありません。っていうか、こっちの方がタイプかもw

そしてワンピースの上からも分かる巨乳……。

ごくりと生唾を飲み込んで、私はリナちゃんを車の助手席へとエスコートしました。

車中、私はハンドルを握りながらも横目でじろじろとリナちゃんの体を楽しみます。

そして、見つかってしまいました。

「あ、もう大きくなってるでしょ~」
「…バレたかあ」

ここでふつうの世間話からエロトークへと切り替わると、もう互いに我慢できなくなり、とりあえず予定していた神戸方面へのドライブを急遽中止し、いきなりラブホに向かうことになりました。

私は辛抱たまらずホテルへ着くまでにリナちゃんの美脚を撫でていると、彼女のシートがじんわり浸みてきていたのがわかりました。

生じゃないと感じない淫乱熟女

一緒にイチャイチャとお風呂へ入り、ベッドでの攻防がはじまりました。

相手は人妻といえどもまだ22歳。ここはいっちょう大人のテクニックでリードしてやるか、などと余裕をこいていた私でした。ところが――、

菜々緒に惨敗

惨敗でしたw

私は22歳人妻のテクニックに翻弄されてしまったんです。

リナちゃんは、昔から「男と遊ぶ=セックスする」という認識らしく、「男と遊ぶ=デート」ではないそうです。そんなセックスライフを送ってきていたせいか、そのテクニックはかなり磨き上げられたものでした。

悔しぃー!

そしていざ挿入という段になり、リナちゃんはこんなことを言いだしました。

「私、ゴム嫌いなんだよね。生じゃないと感じなくて」

私の脳内では不安と嬉しさが入り乱れておりましたが、欲望には勝てずGO!

リナちゃんはさすがの上級者らしいこだわり派で、私がバックを要求すると「犯されてるみたいで嫌だ」とやらせてくれず、騎乗位では「動かなくていいよ」と自らパンパン腰を打ち付けておられました。
私は一瞬で果ててしまい、またも敗北感に打ちのめされていたところへ、リナちゃんから容赦ないひとこと!

「早すぎや~ん」

私は素直にごめんなさいを言って、引き続き2回戦、3回戦へと挑むも、結果はいずれも惨敗に終わったのであります。とほほ。

セフレなのか?彼女なのか?

リナちゃんとは2ヵ月ほど「会う=セックス」という関係を続け、その後はそうしたセフレの枠から外れて、ふつうに食事やデートをする彼氏・彼女みたいな関係になりました。

しかし長続きはせず、互いに価値観の違い等々、紆余曲折ありながら結局はサヨナラすることになりました。

やっぱり彼女なんかいりません。女と付き合うのはセフレくらいの関係がちょうどいいですね!

【完全タダハメ】出会い系で一切お金を使わないで人妻とセックスする方法!

出会い系で一切お金を使わずに人妻とセックスすることに成功しました。使ったサイトはPCマックス。かかった期間、なんと4ヶ月弱。通常の出会い方よりもかなり時間が掛かりますが、タダハメを目指したと思えば、そう悪くはないんじゃないでしょうか。

今回は、具体的にどうやって人妻とのタダハメに至ったのか、その経緯と方法について、お伝えしたいと思います。

出会い系で一切お金を使わずに女性と出会う方法とは?

ズバリ、「日記」です。日記とは、ほとんどの出会い系にて無料で提供されている機能で、日常の悲喜こもごもを好き勝手に綴ることができます。

タダハメ1

日記にはコメント機能がついており、仲良くなりたい女性の日記にコメントしたり、また自身の日記にコメントを残してもらいながら、仲良くなることが可能です。コメントに掛かる費用は、もちろん無料。タダでコミュニケーションを取ることができます。

こまめにコメントを残せば、相手の印象にも残るようになり、メール程の即効性はありませんが、ラインやカカオなどの外部ツールへの移行も視野に入ります。そうなれば後はもう、通常の出会い方と同じですね。

しかし、この出会い方にはいくつかの問題点があります。

・こちら側も日記をある程度充実させておく必要がある
・人気の日記には多数のコメントが付き、埋もれてしまう可能性が大

日記は本来、出会いの為の機能ではありません。なので、まずは相手の女性に「コメント友達」と認識してもらう必要があります。その認識の為には、相手がコメントを返してくれる場所、そう「こまめに綴られた日記」が必要となるのです。

また、人気のある日記には多数のコメントが付く為、1人1人の印象が薄くなりがち。要するに、競争率が高くなる傾向にあります。なので、あまり読者の多くない、ほとんどコメントもされていない日記を狙うことをオススメします。

ちなみにPCMAX含め、いくつかの出会い系には「伝言板」機能が備わっています。これはオープンなやり取りができるシステムで、無料で利用できます。

タダハメ2

とはいえ、これで出会いを求めることはあまりオススメできません。なぜなら、

伝言板は「お金のないケチな男」が出会いの手段として利用する機能

と女性に認識されているからです。

伝言板でコミュニケーションを図ろうとすれば、「たかが数通のメールも送ることのできない男」と見なされてしまい、まともに相手されなくなります。

日記しかり、伝言板しかり、タダハメには地道な努力が必要です。手っ取り早く出会いたい方は、当然ながらお金を使い、メールをした方が効率良くセックスできることを、重々ご承知ください。

日記を書き始めて3ヶ月、仲良くなった人妻とようやく連絡交換

いざ日記を書き始めると、書くことがあまり思い浮かばないことに驚きます。つまらない日常を送っているものです。しかし、そんな中でもなんとか話題を絞り出し、時に面白く、時にシリアスに日記を書き綴っていきました。

それと同時並行して、女性の日記に片っ端からコメントを残していきました。

タダハメ3

嬉しいことに、日記にもこのような検索機能があり、近くの地域に住む、狙った年代の女性をピンポイントに探し出すことができます。

さて、日記を書き始めて3ヶ月、ようやくコメントを返しあえるような女性ができました。名前はルミコ、アラフォーの人妻です。正直、これだけ期間を費やしてゲットできたのはこの1人だけかと暗澹たる気持ちになりますが、まあ贅沢は言っていられません。

「良かったら連絡先など交換できませんか?」

ほぼ毎日、互いの日記にコメントを付け合うようになった頃、私はこう残しました。すると、彼女からメールがきまして、

「カカオでもいいですか? IDを送って頂ければありがたいです……」

私はカカオのIDをメールで送りました。

ここで1つ疑問が浮かぶと思います。「完全タダハメと言いながらメールでポイントを使っているじゃないか」と。でもご安心ください。今回利用したPCMAXには、「出席確認」なるシステムがあり、

タダハメ4

なんと、一週間連続でログインすると、10ポイント、つまりメール2通分のポイントがタダでもらえてしまうのです!

完全タダハメの道のりは継続中。カカオを始めて数日経つ頃には、既に日記で十分に仲良くなっていたが為に、アラフォー人妻を簡単に飲みに連れ出すことができたのでした。

旦那の愚痴を吐き出したいアラフォー人妻と飲みに行ってきました!

ルミコさんの日記は主に「旦那の愚痴」で構成されていました。

こういう日記を書いていると、これ幸いと言い寄ってくる男がいるものですが、そういう下心を持つ男ほど「今度飲みに行かない?」「ストレス発散付き合うよ」「旦那さんのことは一度忘れちゃおうよ」とあからさまなコメントを残してしまうものなのですが、ルミコさん曰く、

「日記のコメントで誘われても本気度が全く足りないよね」

とのこと。誘うならもっとちゃんと順序を踏めってことですね。

心斎橋駅からほど近い場所にある居酒屋に、私たちはいました。初対面の印象は、正直に言うとかなり薄かったですね。日常を切り取った日記をお互い見ていたからか、なんだか初めて会うような気がしなかったのです。

「そういうコメント結構あったよね。欲求不満?セックスしない?とかもさ笑」
「あったあった! あれはすぐにブロックしたよ(笑)。失礼にも程がある」
「セックスレスって日記に書いたルミコさんもいけないと思うけど笑」
「レスは下ネタじゃないよ。旦那の不甲斐なさを表す為の言葉だもの」
「まあそれで勘違いしちゃう男もいるから気を付けようねってことです」
「そういえば、あの日記書いてから急にメールが増えたようなー……」

ルミコさん曰く、女性の受け取るメールで、もっとも不快に思うのが、

「もうポイントがないので、○○○でライン検索してください!」

初メールでこういうことを言ってくるものだそう。男しては同情を誘う意味でもこういう文言を入れたくなりますが、これはご法度です。ポイント使うのがもったいない、と考えていることはバレバレだったりします。

出会い系で知り合った人との飲み会って、結構面白いですよね。出会い系あるあるとか、こんなやつがいたとか、そういう話題には事欠かないですから。気付けば、もう終電近くになっていました。

「あのさ」
「ん、なに?」
「実は今日、何かあるかなと思って、ちょっと気合入れてきてたんだよね(笑)」
「勝負下着でも履いてきた?笑」
「ん、まあそんなところかな……。見る?」
「今見るのはもったいないから、また今度ね」

初日にホテル誘っても良かったんですけど、それで断られたりしたら数ヶ月もの事前準備が一瞬でぱあになってしまいます。それを恐れて慎重にいったわけですが、そんな気遣い、必要なかったみたいですね。

その日は、それで別れました。

後日、日記で仲良くなった人妻と昼間にラブホセックスしてきました

後日、ルミコさんとラブホでセックスをしてきました。真昼間に。ネオンの光るラブホもいいですけど、陽の光を浴びて、萎れるように立つホテルもまた趣がありますよね。背徳感があるというか。

セックスを終え、ベッドに横たわっていると、彼女が言いました。

「あのさ、日記で交流してる人、わたし以外にもいるでしょ?」
「そりゃいるよ。全体に公開してるんだから」
「へえー……それで、何人の連絡先ゲットしたの?」
「まあバレるよなあ笑 ……今のところ3人かな?」
「わたし含め?」
「『わたし』除いて」

そうなんです、ルミコさんとの交流が密になり始めた頃、同時多発的に、複数の女性が私の日記にコメント返しをしてくれるようになったのです。私としては嬉しい限りなのですが、日記は全体公開、他の人との交流は容易にバレます。削除すれば、それはそれで変ですしね。

既に3人とカカオを交換していましたし、これからできそうな女性も複数人控えています。正直、ここでルリコさんが厄介なことを言うのであれば、いっそ切ってしまおうかと、そうも思っていたのですが、

「実はわたしも、あれから何人かと連絡先交換しちゃったんだよね笑」

おっと、これは予想外。でもないか。私と同じことを考える人は大勢いるでしょうし、それを知ってか知らずか、割とほいほい連絡先を教えてくれる女性も、少なくありません。

「へえ、もう誰かと会った?」
「まだだけど、来週に会う約束しちゃった。ホテル行こうとも言われてる」
「積極的だねえ。何歳の人?」
「21歳って言ってたかな。童貞だから初めての相手になってください、だって笑」

その童貞大学生とは、数日前にメールで仲良くなり、一気に仲が進展、筆下ろしをする約束までしてしまったのだという。

結局のところ出会い系サイトの使い方は普通がいいの?

そういうことです。数ヶ月も費やしたタダハメ計画は、ごくごく容易に、一般的な出会いに追い越されてしまいます。

僕も出会い系サイトの使い方などはいろいろな体験談などを参考にさせてもらって、試してはみましたがやっぱり正攻法で攻めるのが一番効率的にいいと感じました。

ちなみに僕がよく参考にさせてもらってる
「出会い系体験談【母さんに誓ってガチです】」https://taikendan-deaikei.com/】というサイトは最近リニューアルをされて管理人さんがガチの体験談を書かれているので、ぜひ参考にしてみてください。

時間がある方は今回ご紹介した「日記を使ったタダハメ作戦!!」をぜひ試してみてください。

出会い系サイトで元モデルの人妻と出会って即ハメできた体験ww

これまでに僕が出会い系でセックスできた経験は大したことは無いのですが、今回だけは自分を褒めてやりたいです。

相手は元モデルの人妻(27)。 

出会い系サイトのPCMAX上でやりとりをしてたときはひとつも信じてなかったけど、実際に会ってみると確かにスタイルは極上だったんで、元モデルの真偽はともかく楽しんできました。

ラッキー!最初から共通の話題で盛り上がり、いい流れに

大阪市内に住むミカさんからメッセージが届いたのは、僕が会社の車でうろうろしているときでした。

「いま仕事中なんですよ。」
「どの辺にいるのー?」
「ちょうど谷4の交差点の辺です!」
「そうなんだ!それうちの近くだって!」

会話はいきなり近所のラーメン屋ネタでけっこう盛り上がりました。

いま思えば、これのおかげで最初からいっきに親近感をもってもらえたのがよかったんです。

ラッキーでした。

そしてさらにラッキーだったのが、彼女は人妻で元モデルだったんです。

これはPCMAXのプロフィール欄には出ていなくて、やりとりするなかで聞きました。

願ったり叶ったりのスペックに僕は思わずガッツポーズ!

でも、「元モデルの美女が出会い系なんかに登録するだろうか?」

何のモデルをしていたかを聞くと、「雑誌」とだけ答えてくれて、誌名までは教えてくれませんでした。

これじゃとても信じられないので、僕はLINEで写メを要求します。

「自慢のプロポーションを見てみたいな。写メ見せてよ」
「疑ってる?」
「…そんなわけじゃ」
「実際に会って確かめてみたら?」

なんと…!

ちょっと話がうまくできすぎてるのが気になりながらも、僕は彼女を信じることにして会う約束をしました。

現れたのは確かにモデル(orモデル並)だった

当日は、お互いに着ていく服を伝えあって、梅田地下街の泉の広場で待ち合わせ。
(※ここは援交の待ち合わせ場所としても有名です。)
ヒドいのが来るんじゃないかと心配しながら待っていた僕に声がかかりました。

「すいませ~ん」

ミカさんでした。

…なんと!

元モデル(たぶん)の美女が出会い系を利用していることを知った瞬間でした。
パッと見は、「トリン○ル○奈」ですかね。
スカートからのぞく生足がエロエロです。
立ち話もなんですし、とりあえずカフェに入ることになりました。

トリン○ル○奈と二人でラブホ街へ

「よ…よろしくお願いしてください」
改めてトリン○ル○奈を目の前にすると、僕はガチガチになってうまく喋れず、年下の彼女にやさしくリードしてもらいます。

「緊張してるの?」
「…いえ、そうです」

ミカさんからは思ったよりもやんちゃっぽい、遊びなれてそうな印象を受けました。

聞くと、やっぱり。

夜はクラブで遊びまくりの、仕事は無断で休みまくりので、モデル事務所をクビになったんだそうです。
このほど結婚して専業主婦になったものの、家でおとなしくなんかできるタイプではないく出会い系サイトに手を染めたとのことでした。

僕は思いきってインコースを攻めてみることにします。

「出会い系に何を求めてるの?」
「…えぇ」

ミカさんが返答に困って恥ずかしそうにすると、たちまち僕の股間はテーブルの下でむくむくと膨らんできました。

「エッチの相手探し?」

スバリ直球を投げ込むと、ミカさんは小さく頷きました。

おっしゃーーーー!

僕たちはカフェを後にし、地上に上がった僕たちはどちらが言うともなく自然と、ラブホと風俗の街に向かっていました。

モデルの身体は鑑賞するのではなく、ぜひご賞味ください

そして僕たち二人にはとくべつ好奇の目が向けられている気がします。
そりゃあそうですなんせ、パッとしないオッサンとトリン○ル○奈…なんですから(笑)
どんな関係なのか、なかなか判断のつかないところでしょう。

今からこの女とヤるんだぜぇ

僕は勝者のように誇らしい気持ちでした。

さてホテルに入ると、いよいよ心拍数がぐいーっと上がってきます。

このあと、こんなキレイな人妻をベッドに押し倒せる権利をもっていることに怖れをかんじます。

でも、アソコは勝手にビンビンになっていましたけどね(笑)

「ミカさんの身長はいくつ?」
「167」
「さすが元モデルさん。スリーサイズは?」
「モデルやめてからは計ってないし、太ったから知りたくない」
「それで太ったの?」
「デブだよ。この体じゃ、雑誌には載れないかな」
「じゃあ僕がスリーサイズ計ってあげるよ」
「えぇ~」

ここで僕は辛抱たまらずミカさんに襲いかかります。
手荒く服をはぎ取ると、黒のスケスケ下着が露わに―。

彼女もやる気まんまんだったんですね(笑)

僕は元モデルの体を夢中で舐めまわしました。
いちばん感じるところは首だそうで、リクエストに応えて集中攻撃して差し上げると、喘ぎ声がハンパなかったですね。一気にびちょ濡れになってました。

そして、その濡れた秘部を撫でてあげると何回でもイっちゃってましたよ。
元モデルの超プロポーションは、超エッチなボディでもあったんですね。
この日僕たちは時間が経つのも忘れて、とにかくヤリ続けました。

で、結論。

元モデル人妻とのセックスはサイコーでーす!

今回みたいな超ラッキーなケースはそう巡ってくるものではないと思いますけど、なにごともはじめてみないことには、運や縁を引き寄せることはできないですからね。

レッツトライ!

出会い系サイトで知り合った熟女に守り続けた童貞を捧げました!

僕が31歳まで童貞だったのですが、特に理由もなく、なんとなくやれる機会を逃したかなって感じで、一生、童貞のままなんだろうなあ……。なんてそんな風に思った時期もありました。

僕の初セックスの相手は、僕よりも15歳も年上の人妻熟女。名前はヨウコさん。

知り合ったのは、PCMAXという出会い系サイトでした。

出会い系の熟女に童貞であることを隠して接触したところ…?

童貞である、ということをオープンにするとそれだけで敬遠されてしまう。

そのことに気付いた僕は、方針を転換することにしました。

  • 童貞であることを隠してやり取りする
  • 単純にセックスがしたいだけの女性を探す

もはや容姿を多少妥協してでもセックスをさせてくれる女性を探すしかありません。

僕は世の男性にあまり相手にされなくなってしまったであろう、人妻&熟女をメインのターゲットに据えることにしました。

対策は見事に的中して、隣の県に住む44歳の人妻熟女、ヨウコさんと連絡先を交換することができました。

PCMAXでのプロフィールはこんな感じ。

PCMAXプロフ

しかし、ここからが問題です。

「ヨウコさんは結構出会い系利用されてるんですか?」
「数回くらいかな。そちらは?」
「結構、会ってますかね。大体がエッチ目的なんで参ってます笑」
「あ、もしかしてそういう目的じゃなかった?」

あまりがっつくと引かれると思い込んでいたのですが、どうやらヨウコさんは最初からその気で出会い系に登録していた女性のようでした。

慌てて言い繕い、「がっつりそういう目的です!」と返すと、

「いきなりは不安だから、一度会ってみない?」

と望外の誘いが。

とりあえずランチでも、ということで週末に会う段取りとなりました。

ちょいポチャちょいブスの熟女に童貞を捧げることになりました

待ち合わせ場所に現れたのは、ちょいポチャちょいブスの普通の熟女…。

ヨウコさんは、抱けそうで抱けない、でも一度きりならいいかもしれない、という絶妙な容姿と体型をしていました。僕が言えた義理ではありませんが。

「あ、こんな感じなんですね、初めまして。」
「よろしくです。ヨウコさんは、想像よりもなんか、ずっと良いですね。」
「ほんと?お世辞でも嬉しいな。」

若干、引きつる笑み。

「実は僕、童貞なんです……。」

え、といきなりの告白にヨウコさんは言葉を失くしました…。

31年間の悲願の末に、無事に童貞を卒業できました!

若い人はそれを聞いて「うへぇ…」となることが多いですが、歳を取るとなぜか「可哀想に…なんとかしてあげたいな…」となるようで、

カラオケからの初ラブホテルと相成りました!!

ホテルでは、冴えない熟女のヨウコさんが、AVに出てくる美魔女に見えてくる不思議。

そうして僕は、31年間、不本意にも守られ続けてきた童貞を捨てたのでした……。

童貞を隠してカミングアウトしないままセックスに突入してたら、絶対バレてただろうなあ、ということしか浮かびません。もういっぱいいっぱいだったので。ウソはいけませんねやっぱり。

なお、ヨウコさんとはそれきりです。別れた後、二言三言のメッセージ交換はしましたが、以来、彼女からメッセージが送られることも、こちらから送ることもありません。

その時のことは、僕にとっては良い意味で、気の迷いだったのだと思います。

あれを逃せば、童貞を捨てる機会が次いつになったかは知れません。

これまでの分を取り戻すように、僕は出会い系を使ってセックス街道を歩んでいきたいと思います。