セフレ

超スタイルのいい若妻と運良くラブホでヤレた話ww

私がいつもお世話になっているPCMAXという出会い系サイトでの体験談です。

このたびは、同じく出会い系にはまっている職場の先輩が、勝手に私の写真を使って遊んでいたことから話は始まります。

菜○緒似の若妻釣りに成功

「お前の写真で出会い系やったらめちゃくちゃ可愛い子から返事きたぞ!!」

人の写真でやめてくれよと思いましたが、釣れた相手の写真を見てみると、菜○緒似の目の大きな美女でした。ぴちぴちの19歳。

「ただ、人妻なんだよね~…どうする?」

先輩は相手が人妻であるところに何か引っかかっているみたいでしたが、とりあえず物は試しで、このまま私がやりとりを引き継いでみることにしました。

リナちゃんは、私の顔がかなり好みのタイプだったみたいで、すぐにあちらの方から「会いたい」と言ってきました。

話を聞くと、リナちゃんは三重の田舎町から大阪へ出てきて、友人に誘われた飲み会で知り合った男とデキ婚。子供が2歳になったいま旦那とはセックスレスで、毎日しないと満足できないというところから、出会い系サイトを利用してセフレ探しをはじめたとのことでした。

私としては会う前に一度は電話で話をしてみたかったのでそうお願いしてみたところ、声の低さがコンプレックスというリナちゃんからの返事はNO…。

まさかサクラか?

そんな疑いが頭をかすめると、私はリナちゃんと会う前にもう少しLINEでのやりとりを続けて様子を見ることにしました。
なんやかんやと詮索しながらも、

「おっぱい見せてよ」

と軽いノリで言ってみたところ、すぐに画像を送ってくれました!!

Dカップだそうです。

「うわあ、すごくきれいなおっぱいだね」
「そうかなあ~」

これを見た瞬間、私はリナちゃんを疑うことを止めました。

以後、私の頭の中はこのおっぱいで埋めつくされ、そして毎日のようにリナちゃんのエロ写メをオーダーするようになります。

「旦那さんが羨ましすぎるよ!」
「旦那はもう興味なくしちゃったみたいだけどね」
「僕なら毎日でもモミモミするのに」
「してよ~」

ムラムラが頂点にきたところで、僕はリナちゃんと会う約束をしました。

ドキドキの初対面

待ち合わせ場所を道頓堀の堺筋側の入り口と決め、その近くに私は車を止めました。

本当に来るんだろうか…?

来ても写メとは似ても似つかない別人だったりして…。

不安な気持ちでしばらく待っていると、LINEが鳴りました。リナちゃんからです。

「いま着いたよ」

緊張が走ります。

慌てて車内から覗いてみると、スマホを見ているそれらしい女性が立っています。

思わず私は車の中で叫びました。

スタイル良すぎるし!

ほんとうにこの人だろうか?
この人であってくれ!
そう祈りつつ、その女性を見ながらリナちゃんの携帯を鳴らしてみると、

出たぁっ!

私は興奮しながら車を出ました。

そばで見てみると、「モデルかい!!」ってくらいにほんとスタイル抜群!

菜○緒似と言われれば、ちょっと違う気がしましたが美女には変わりありません。っていうか、こっちの方がタイプかもw

そしてワンピースの上からも分かる巨乳……。

ごくりと生唾を飲み込んで、私はリナちゃんを車の助手席へとエスコートしました。

車中、私はハンドルを握りながらも横目でじろじろとリナちゃんの体を楽しみます。

そして、見つかってしまいました。

「あ、もう大きくなってるでしょ~」
「…バレたかあ」

ここでふつうの世間話からエロトークへと切り替わると、もう互いに我慢できなくなり、とりあえず予定していた神戸方面へのドライブを急遽中止し、いきなりラブホに向かうことになりました。

私は辛抱たまらずホテルへ着くまでにリナちゃんの美脚を撫でていると、彼女のシートがじんわり浸みてきていたのがわかりました。

生じゃないと感じない淫乱熟女

一緒にイチャイチャとお風呂へ入り、ベッドでの攻防がはじまりました。

相手は人妻といえどもまだ22歳。ここはいっちょう大人のテクニックでリードしてやるか、などと余裕をこいていた私でした。ところが――、

菜々緒に惨敗

惨敗でしたw

私は22歳人妻のテクニックに翻弄されてしまったんです。

リナちゃんは、昔から「男と遊ぶ=セックスする」という認識らしく、「男と遊ぶ=デート」ではないそうです。そんなセックスライフを送ってきていたせいか、そのテクニックはかなり磨き上げられたものでした。

悔しぃー!

そしていざ挿入という段になり、リナちゃんはこんなことを言いだしました。

「私、ゴム嫌いなんだよね。生じゃないと感じなくて」

私の脳内では不安と嬉しさが入り乱れておりましたが、欲望には勝てずGO!

リナちゃんはさすがの上級者らしいこだわり派で、私がバックを要求すると「犯されてるみたいで嫌だ」とやらせてくれず、騎乗位では「動かなくていいよ」と自らパンパン腰を打ち付けておられました。
私は一瞬で果ててしまい、またも敗北感に打ちのめされていたところへ、リナちゃんから容赦ないひとこと!

「早すぎや~ん」

私は素直にごめんなさいを言って、引き続き2回戦、3回戦へと挑むも、結果はいずれも惨敗に終わったのであります。とほほ。

セフレなのか?彼女なのか?

リナちゃんとは2ヵ月ほど「会う=セックス」という関係を続け、その後はそうしたセフレの枠から外れて、ふつうに食事やデートをする彼氏・彼女みたいな関係になりました。

しかし長続きはせず、互いに価値観の違い等々、紆余曲折ありながら結局はサヨナラすることになりました。

やっぱり彼女なんかいりません。女と付き合うのはセフレくらいの関係がちょうどいいですね!

出会い系の人妻が近所に住んでたら家に呼び出しちゃうのは当然ですよね?w

出会い系サイトのハッピーメールで知り合ったチハルさん。35歳の人妻なんですけど、話している内にかなり近所に住んでいることが判明しました。

「車で20分くらいで行けちゃうんだけど笑。そっちに実家があるんだよね」
「実家にはどれくらいの頻度で帰ってるの?ちなみに○○の近くに住んでるよ!」
「うわ、ほんとに近い……。実家には週1くらいかな。今週の土曜にも行くよ」
「マジで!?ならせっかくだし会っちゃおうよー」
「子連れ&おばあちゃん付きで良ければ笑」

実家に帰るのは高齢の祖母を手伝う為。子供と旦那さんもいっしょに行くので、会う時間はなかなか取れないと思う、と彼女は言いました。近所過ぎるのも問題ですね。でもこの絶好のチャンスを逃してはなりません。

近所の人妻とのLINE1

結局、ウチにくることになりましたとさwww

時間は長くても30分。そういうことになりました。思わず俺はガッツポーズをしました。順序が前後しましたが、顔写真を交換。

……うん、背に腹は代えられない感じかな!!ww

この感想でお察し、ということで。まあ、セックスできればそれで良いですよね。

出会い系で近所の人妻を簡単に見つける方法

出会い系で人妻を見つけるのは簡単です。特にハッピーメールでは、プロフ検索で「交際ステータス」を設定することができるので、これを「既婚」にしてあげれば、検索で表示されるのは人妻のみとなります。

また、近所に住んでいる女性を探すのも容易です。出会い系では居住地を細かく設定することができ、都道府県を選択した後、市区町村を設定することが可能です。

ハッピーメール検索

つまり、近所に住んでいる人妻を探したい方は、

・交際ステータスを「既婚」にする
・居住地を自身の住んでいる近所に設定する

これでプロフ検索をすれば、ごく簡単にお目当ての人妻をゲットすることができます。

なお、相手は人妻、あまりに近所過ぎると「もしかして知り合い?」という疑念を抱いてしまい、会うことに及び腰になってしまう可能性があります。

なので、最初は居住地に言及せず、ある程度仲良くなったところで「近所に住んでるんだ!」と流れの中で判明させると、相手も「せっかく仲良くなったんだし……」と会うことに前向きになってくれます。

週1で近所の実家に帰る人妻をまんまと部屋に呼び出してやったww

待ちに待った土曜日、いつ出られるか分からないということで、午前10時から家でスタンバイ。とりあえずゴムは買ったし、ベッドもキレイにしておきました。たった30分ですけど、頑張れば1回戦くらいできそうですからねw

そのまま待って、時刻は午後1時になりました。さすがにだれてきたなあ、と思っていたら、チハルさんから、

「一人で出れたよ。お邪魔できる?」

事前に住所は教えてあったので、俺は「ぜひに!」と返しました。数分後、再びラインが。

「ドア開けて。今、外に誰もいないから」

待ち切れずドアの内側で待機していたので、俺は速攻で扉を開けました。すると、チハルさんが隙間に身体を押し込むようにして部屋に入ってきました。この間、わずか1秒。ドアが閉まると、彼女は大きく息をつきました。

「あードキドキした……。ここ数年で一番、心臓動いたよ笑」
「いらっしゃーい。旦那さんたちにはバレなかった?」
「うん、多分。ちょっと買い物行ってくるって言ってきた」
「いれるのは30分だけ?」
「んー、1時間は大丈夫かも?子供たちはお昼寝してたから」

時間がないのでリビングに通し、お茶を出しました。クッションとか座椅子もあるにはあったんですけど、せっかくなので隠しましたw。もちろんベッドに座らせる為です。思惑通り、彼女はベッドの縁に腰掛けました。

写真で見るよりもいくらかはキレイかな?という感じ。年相応でもある。普段がどうなのか知らないので何とも言えませんけど、写真よりも化粧濃いめで、よそ行きの服装。あと、胸が割と大きくて、それは嬉しい誤算でしたww

「ほんと近所でビックリしたー。知り合いじゃなくて良かった笑」
「写真でわかってたでしょ。出会い系で会ったことってあるの?」
「何度かはあるけど、こういうのは初めてだよ(^^;)」
「会ったら何したの?やっぱりエッチ?w」
「ナイショ♪ というか、おしゃべりばっかしてるけどいいの?笑」

順序って大事かな、とも思っておしゃべりしてましたけど、チハルさんはそれどころではない模様。なるほど、ちゃんとセックス仕様でここに来たわけですねww

「なに?エッチしたいの?w」
「そうは言ってないけどさ笑。おしゃべりならどこでもできるよねえって」
「シャワー浴びる?」
「買い物行った奥さんがシャンプーの匂い漂わせてたら変でしょ?笑」

確かに。俺は深く頷きました。

こういうシチュエーションはやはり興奮しますね。家族の眼を盗んで、人妻が近所の男の家に来るって、どこのAVだよって感じですけどwww

勝負下着でヤル気満々の人妻は即ハメした後すぐに帰っていきましたw

服を脱がせると、チハルさんは想像以上にエロい下着を着けていました。実家で着替えることはなかったでしょうし、朝から着用してたんでしょうね。旦那さんにバレたら一体どうするつもりだったのやらww

タイムリミットまであと約45分。前戯もそこそこに、速攻で挿入しました。幸い、チハルさんの下半身は既に準備万端でしたからね。

しかしここで困ったことが1つ。

窓の外にも聞こえてるんじゃないかってくらいのでかすぎる喘ぎ声ww

多分これ、旦那さんが近くを通り掛かったら聞こえちゃいますよ。喘ぎ声だけで「むむっ、これは私のワイフの声ッ」とかなるわけないんですけど、それでも割と冷や冷やもんでした。興奮はしましたけどねww

1回戦を終えて残り時間は10分。そろそろ帰り支度しないとまずいかなあ、と思っていたら、チハルさんのスマホに着信が。唇に指を当て、電話に出る。しばらく会話した後、スマホの画面をタップしました。

「旦那さん?」
「うん」
「なんて?」
「どこにいるんだーって」
「え、まずくない?」
「いや、単に『車使うけどいい?』って聞いてきただけだったから」
「……じゃあ、もうちょいここにいられるの?」
「んー、あと30分くらい?笑」

もう1回戦しました。人妻の性欲は半端なく、2回戦でもその勢いは衰えていませんでしたね。こんな人妻が近所にいたら、他のセフレなんていらないですわww

30分後、チハルさんは帰ってきました。魚眼レンズで外を確認し、警戒の為に先に俺を外に出し、誰もいないことを確認して、素知らぬ顔で外に出ました。そのまま1度も振り返ることなく、彼女は家庭に戻っていきました。

「今度はいつ来れるの?来週の土曜?」
「さすがに毎回は無理だよー笑。平日の昼間とか空いてる?」
「空いてる時もあるかな。仕事が休みの時は」
「ならその時に♪ 車停めるところ、どっかにある?」

近所の人妻がセフレになると、実に都合が良い。呼び出せば来るし、近所だから時間もかからない。バレるリスクが高くなるきらいはありますけど、今のところは大丈夫みたいです。やっぱり持つべきものは近所の人妻セフレですねww

もう何年もセックスしてないぽっちゃり熟女に即ハメ中出ししてやったww

近所のミスドで昼食がてらPCマックスを利用してたら、あっさりと1人の人妻が釣れました。名前はりえさん、兵庫出身の35歳、よりも一回りくらい年上の人妻です。

ポッチャリやり取り1

やり取りを始めて早々、若い子と知り合いになりたかったことを匂わせてきました。あれ、これはもしかして欲求不満で若い男にパコパコしてもらいたいパターンかな? と期待に胸を膨らませながらやり取りを進めていくと、

ポッチャリやり取り2

まさかの若い男と知り合いたいが為にスーパーでパートを始めていたことが判明ww

しかしそこで誰とも知り合えなかったので、出会い系を始めたと、そういうことらしいですわ。とんだ淫乱ですね。まあ俺もスーパーのバイト経験ありますけど、店によっては全く関わりがないので、彼女の言っていることは間違ってはいませんよ。

バレてはいけな人妻らしく、カカオならオッケーということでIDを送信。返信が届いたのは、その日の夜になってからでした。

出会い系でぽっちゃり人妻を見つける方法とは?

ポッチャリやり取り3

出会い系のプロフ検索には「体型」の項目があり、PCマックスだと「スリム~激ぽちゃ」まで設定することができます。これは出会い系ごとに項目が異なったりするので少し注意が必要です。

注意点といえばもう1つ。この「体型」という項目、男女の認識に大きな隔たりがあり、一般的に、

男の「ぽっちゃり」= 女の「ややぽちゃ」
女の「ぽっちゃり」= 男の「ちょい痩せor 普通体型」

という認識となります。男性目線のぽっちゃりを狙うならば、この場合だと「グラマー」か「ぽっちゃり」を選ぶと、確率が高くなります。なお、「激ぽちゃ」は男女ともに体重3ケタくらいを指すことが多いので、大いに注意が必要。

次は人妻の見つけ方です。残念ながらPCマックスには「交際ステータス」という項目がなく、別の方法で絞り込むしかありません。

ポッチャリやり取り4

職業欄に「主婦」があるので、これにチェックを入れることで、容易に人妻を見つけることができます。しかしこれには注意点があり、

職業を主婦にしてしまうと、会社員などで働いている既婚者が表示されなくなる

彼女たちの職業は「OL」などですから、当然ですね。このようにプロフ検索は万能ではない為、地道にプロフをチェックして、相手が既婚者がどうかを判断することも必要となります。

人妻と深夜にやり取りしてたら、もう何年もセックスレスであることが判明w

夜にカカオがきて、そのまま明け方近くまでやり取りをしていました。

俺「こんな時間に大丈夫? 旦那さんにばれたりしない?」
りえ「旦那とは寝室別だから」
俺「そうなんだ? じゃあセックスとかもしてないの?」
りえ「もう何年もしてないよ……。枯れちゃいそう笑」
俺「だからスーパーのパート始めたんだもんね?w」
りえ「ちが、わないけど笑 だって若い子と知り合えるのなんてパートくらいしかないでしょ?」

そのまま話はセックスの話題へ。深夜だと開放的になるのか、この手の話は弾むんですよね。おかげでりえさんが定期的に「人妻×若い男」のAVを観てることが判明しましたよwwそれ観ながらオナニーしてるんだって。

俺「AVみたいなことしたい?」
りえ「AVみたいなことって?」
俺「昼間からラブホ入って、セックスしまくる、みたいな?w」
りえ「……してくれるの?」
俺「りえさんさえ良ければ♪ 明日、というか今日は空いてる?」
りえ「……うん、夕方までなら大丈夫」

はい、ラブホデートが決定しましたwwしかも出会ったその翌日ですよ。ほんと出会い系にいる人妻は話が早くて助かります。セックスできれば、それで良いんですからね。

某ぽっちゃりアナくらいの可愛い人妻と合流できてマジで歓喜ww

「実は私、ぽっちゃりな感じだけどそれでもいい?」朝起きたら、こんなメッセージが届いていました。ぽっちゃり、ぽっちゃりかあ……。程度によるな。「気にしないよ!」とは送りましたけど、ヤバかったら逃げようと思い、俺は待ち合わせ場所に向かいました。

午前11時、渋谷マークシティのzoff前でりえさんと合流した俺は、思わず満面の笑みを浮かべました。

某ぽっちゃりアナに似てる感じのムチムチ人妻がきたあwwww

ほんと、女性の言うぽっちゃりって当てになりませんわ。「ダイエットしなきゃー」って言いながらティラミス頬ぼる女の言葉くらい、当てにならない。

「全然ぽっちゃりじゃないじゃん。むしろ痩せてる方でしょ」
「えー、全然だよ……。ほら、二の腕とかやばい……」
「……お、むっちゃ柔らかくて気持ちいい♪」
「もう触らないでよ! 誰見てるかわかんないから……」
「じゃあ続きはホテルの中で?」

こくりとりえさんは頷きました。その拍子に微かに上下する胸。ちょっとわかりづらいですけど、多分、結構な巨乳。こんな人妻がスーパーなんかにいたら、俺だったら速攻で声かけちゃうなあ。

しばらく歩いて、ラブホ街へ。途中コンビニに寄ろうかとも思いましたけど、想像以上に周囲を警戒しているりえさんは「早くホテル行こう」と言うので、何も買わずにラブホへと入りました。

「あ、ねえ、お金は私に払わせて?」
「え、いいの?」
「うんうん。こういうのちょっと憧れてた。若い男の子と遊んでる感っていうのかな?」
「ホテル代払うだけで?w」
「いいでしょもー」

衆人環視のない場所に身を置いたからか、眼に見えて雰囲気が和らぎました。ありがたいことに本当にお金を払ってもらって、そのお礼にとエレベーターの中でキスをしてあげると、

「え、待って待って、ここでエッチするの……?」

りえさんは少しAVに毒され過ぎているようです。

ラブホで即セックスしたらぽっちゃり人妻がセフレに立候補してきましたww

あまりラブホに来たことがないのか、部屋に入って、大画面テレビにAVを映し出すと、りえさんはおおーと喜んでいました。そのまましばらく2人でAVを観賞して、徐々に雰囲気を盛り上げ、服を脱がすと、彼女の言う「ぽっちゃり」の意味が分かりました。

あ、確かにちょっとお腹周りがだらしない感じwww

でもこのだらしなさは嫌いじゃない、嫌いじゃないですよ。つるぺたんとしているよりかは、肉感的で抱き心地も良さそう。

シャワーも浴びず、そのまま生でセックス。よほど性欲が高まっていたのか、りえさんは正常位でも腰を動かしてきました。しかもかなり敏感な体質なのか、1回戦する間に、何度も爪先を伸ばしては、痙攣をし、思わず中出しをすると、悲鳴をあげていました。

「大丈夫? かなりイッてたみたいだけど」
「うん、大丈夫……。元々イキやすいんだけど、久し振りだからさらに……」
「ちょっと心配になっちゃうくらいだもんねw」
「ありがと。ね、今ってさセフレとか彼女とかいるの?」
「どっちもいないねー。セフレなってくれるの? あ、りえさんなら彼女でもいいけどw」
「一人暮らし? どこに住んでるんだっけ? いつが都合いいとかある?」

急にガツガツしだすりえさん。一人暮らしと答えると、「お」と言い、最寄りの駅を言うと、「うそ、割と近い……」と呟き、大学生だからいつでも都合は良いと返すと、「やばい、最高じゃん……」と口元を綻ばせました。

「ねえねえ、私パートやめるからさ、都合の良い時にセックスしない?」

やっぱりそうきますよねえ。というか、パートはやめる必要ないのでは? と言うと、「え、だってセフレできたからもう大丈夫だし……」ときょとん顔。本当にセックス相手を探す為だけにパートやってたのか、この人。

その日はもう2回戦ほどセックスしてから解散。そしてそれ以来、

10日連続でりえさんとウチでセックスをしていますww

もはや軽い入り浸り状態。大学から帰ったら即セックスの生活。ピルを飲み始めたらしく、ゴムが必要ないのは嬉しいんですけど、さすがに身体がもたない。と思っていたら、りえさんからこんな提案が。

「ね、友達に複数プレイとか興味ある子いないの? 今度さ、呼んできてよ」

やっぱりりえさん、AVに毒され過ぎです。